ホーム > 青年会議所とは

青年会議所とは

青年会議所(JC)は“明るい豊かな社会”の実現を同じ理想とし、次代の担い手たる責任感をもった20歳から40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によりその居住する各都市の青年会議所に入会できます。50余年の歴史をもつ日本の青年会議所運動は、めざましい発展を続けておりますが、現在727余の地域に4万3千名の会員を擁し、全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所が東京にあります。全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所ですが、121ヵ所の国及び地域に105NOM(国際青年会議所)があり、約20万人の会員が国際的な連携をもって活動しています。日本青年会議所の事業目標は、“社会と人間の開発”です。その具体的事業としてわれわれは市民社会の一員として、市民の共感を求め社会開発計画による日常活動を展開し、「自由」を基盤とした民主的集団指導能力の開発を押し進めています。さらに日本の独立と民主主義を守り、自由経済体制の確立による豊かな社会を創り出すため、市民運動の先頭に立って進む団体、それが青年会議所です。

青年会議所の始まりは…

1949年『日本はこの先どうなるのだ!?』という今以上に混沌とした戦後の時代背景の中、全国各地で志ある若者たちが立ち上がり、青年会議所運動は始まりました。そして1951年、全国各地で活動していた青年会議所が集まり日本青年会議所(日本JC)を創設。以来、日本の青年会議所運動の枢軸として各地の青年会議所と連携し活動を展開しております。

世界中に広がる青年会議所

日本青年会議所は国際青年会議所(JCI:Junior chamber International)の一員です。国際青年会議所は世界112カ国・27万人以上、OBは250万人以上という組織です。アメリカ42代大統領ビル・クリントン、第7代国連事務総長コフィー・アナン、フランス第5代首相ジャック・シラクも青年会議所のOBです。

その他多くのメンバー・OBが世界中にいます。

JC三信条

◆修練 TRAINING(トレーニング)

個人の修練(地上最大の宝は個々の人格にあり)

◆奉仕 SERVICE(サービス)

社会への奉仕(社会への奉仕は人生最大の仕事である)

◆友情 FRIENDSHIP(フレンドシップ)

世界との友情(友情は国家主権に優先する)

関連リンク

whats jc
市民の皆様へ
会員ログイン
トップへ戻る