ホーム > 活動報告 > 【京都会議】

活動報告

【京都会議】
2020年 1月 19日
2020年1月16日(木)~1月19日(日)
          
京都会議では、1月17日(金)日本JCショーケース(公開委員会)、1月18日(土)に各種セミナー、1月19日(日)には新年式典が行われました。1月19日(日)の新年式典には櫻井理事長をはじめとする総勢15名の宇部青年会議所の会員の皆様と参加しました。


2020年度公益社団法人日本青年会議所 第69代会頭 石田 全史 君による「全ての人びとが笑顔で生きがいを持てる国日本の創造」を基本理念とした会頭所信が発表されました。


2011年の東日本大震災に始まり、大東亜戦争、SDGs、デジタル変革、地方創生、超高齢化社会の到来、変化を遂げる国際情勢など、これからの我が国が抱える問題や課題に青年会議所活動を通して、どう解決していけばいいのか考えさせられる機会となりました。その中でも冒頭「小さな組織であっても、大きな運動を巻き起こすことが出来る。」というフレーズが非常に心に残りました。
 私は宇部青年会議所の一人の会員ですが各委員会、LOM、ブロックと繋がっていく青年会議所の運動はまさしく「小さな組織であっても、大きな運動を巻き起こすことが出来る。」京都会議に集まった全国692の青年会議所会員が一堂に会しているのを見て、団結をすれば非常に大きな力になるのだと感じました。
 一人でも多く、活動を共にする事の出来る仲間を増やし大きな力と変えて行くために。私たち青年会議所が目指す「明るい豊かな社会」の実現のために。会員拡大が非常に重要なのだと改めて痛感しました。


京都会議で学ばせていただいた事を自らの糧とし今後も青年会議所活動に邁進いたします。

トップへ戻る