ホーム > 活動報告 > 【12月度例会及び卒会式】

活動報告

【12月度例会及び卒会式】
2019年 12月 9日
2019年12月9日(月)
        
ANAクラウンプラザホテル宇部 万葉の間にて、12月度例会及び卒会式を開催致しました。
        
2019年度最後の例会の中島理事長の挨拶では、全委員会、直前理事長、副理事長、監事に向けて、職務や事業に関して一つ一つ心を込めながら「ありがとう」と、力強く感謝の思いを述べられました。天野専務理事に対しては「全てが終わった年末までお預けにするが、100点満点の専務であり最高の相棒」だと説明がありました。次に、多くの新入会員を迎えることができたことに触れ「会員拡大は手法も重要だが、一番は私たちにどれだけ魅力があるかであり、今年の結果はみんなに魅力があったからだと思う。これからも輝きを持ち、心から心へと気持ち伝わるJCであり続けよう」と話がありました。また、「始まりがあれば終わりがあるが、終わりがあるからこそ始まりがある。春になればまた花が咲くように、2019年度が終わっても、新しい今年以上の花をみんなが咲かせてくれることを期待している。これからも一瞬一瞬に魂を込め、全力で行動し、愛するまちと愛する人と共に歩んでいけるよう願っている」と締め括られました。
        
その後、理事長バッジ交換、直前理事長バッジ交換が行われ、次年度理事長候補者の櫻井知徳君は「愛するまち、宇部市の発展とご多幸を、私が愛する宇部青年会議所メンバーと全員で、明るい豊かな社会にしたい」と、想いを述べられました。また、天野専務理事から中島理事長への花束贈呈、サプライズとして中島理事長から吉村直前理事長への卒会証書授与・花束贈呈を行いました。
        
卒会式では、卒会者の国本幸弘君、岸田賢太郎君に卒会証書・卒会記念品贈呈を行った後、卒会者挨拶として宇部青年会議所での経験、想いを次年度以降に残る現役会員に対して熱く伝えました

トップへ戻る