ホーム > 活動報告 > 【11月度例会】

活動報告

【11月度例会】
2019年 11月 11日
2019年11月11日(火)
          
ANAクラウンプラザホテル宇部 万葉の間において、一般社団法人宇部青年会議所 11月度例会を開催致しました。
          
冒頭の中島理事長の挨拶では、理事長所信の一文より、「人生」を考えたとき一瞬一瞬に魂を込め、後悔の無いよう全力で行動する事、それが人生の幸せに繋がるのではないか。その幸せとは皆さん個々の存在意義がどれだけあるかだと思う。自分が「何の為に、誰の為に」行動しているのかを確かめることで、自分の存在意義がハッキリと見えてくる。本年度のスローガン、「Heart to Heart~人を想い人に尽くして行動する~」そして「世のため、人のために貢献する」ことにより、人との関わりの中で更に意義ある存在になり、それが回って皆さんの幸せになる事を願っている。2019年度は残り少ないが、最後まで宜しくお願い致します、と挨拶がありました。
          
天野専務理事の事務局報告では、好野修君のお子様誕生の件、8月度入会の石橋亜三君と小寺美沙君のインターン卒業報告がありました。
          
その後の「青年の情熱をもって持続可能な社会を切り拓こう」というテーマで指導力開発委員会による11月度担当例会が行われました。第1部では「青年会議所運動について考える」と題し、メンバーがJC入会前と入会後の変化について振り返るなどありました。第2部では指導力開発委員会のメンバーの考える地域の課題についての提案がありました。第3部では「持続可能な社会を切り拓く為に」と題し、新入会員研修会で作った事業計画書を使って模擬理事会が行われました。新入会員の指導力開発委員会ならではの新鮮かつ斬新な発想で、既存のメンバーにも良い刺激となりました。指導力開発委員会の皆様、大変お疲れ様でした。
          
本年度も早いもので12月度の例会、卒会式とわずかな事業を残すのみとなりました。皆様体調管理に気をつけ、最後まで青年会議所活動に取り組んで行きましょう!
  • l1
  • l2
  • l3
  • l4
  • l5
  • l6
  • l7
  • l8
  • l9
  • l10

トップへ戻る