ホーム > 活動報告 > 【今と未来の自社をつなぐ17の目標】

活動報告

【今と未来の自社をつなぐ17の目標】
2019年 8月 11日
2019年8月11日(日)
          
宇部青年会議所の岸仁徳君が出向している、公益社団法人日本青年会議所 中国地区 山口ブロック協議会 SDGs推進委員会による「今と未来の自社をつなぐ17の目標」 をテーマとしたSDGs推進のためのプレゼン大会が、光市民ホールにて開催され、多くの宇部青年会議所メンバーで参加致しました。
          
事業目的は、2015年9月に国連サミットで採択された持続可能な開発目標であるSDGsについて、取り組みを知ってもらうことで地域の現状や課題を捉え直し、それらに真摯に向き合い、当事者意識を持って取り組む人を増やす、というものでした。
          
友田ブロック会長の主催者挨拶で開会を迎え、アイスブレーキングとして、SDGsのゴールカラーに例えた複数の風船を、参加者が協力して所定の位置に運ぶウォーミングアップを行いました。
          
その後、SDGsカードゲームファシリテーターの嶋田亮様より、SDGsの可能性、世界で起きている問題と地球が滅びる原因を元に、企業としてSDGsをどのように捉え、将来に向けてどのように取り組むかをテーマとした基礎公演が行われました。続いてプレゼン大会として、宇部青年会議所 藤井副理事長が勤める(株)エイム、つちや産業(株)、宇部工業高等専門学校より、それぞれが取り組んでいるSDGsの発表があり、大変勉強になりました。最後に再び嶋田様より、課題に対して企業に何ができるのかをアウトサイドインで考え、何故やるのかをインサイドアウトで考える。それがビジネスチャンスとなることと、1人の100歩より100人の1歩の大切さを学びました!
          
今後、個人として、企業に属する青年経済人として、様々なことを考えさせられる有意義な事業でした。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

トップへ戻る