ホーム > 活動報告 > 10月担当例会

活動報告

10月担当例会
2018年 10月 9日
【2018年度10月度例会】
2018年10月9日

ANAクラウンプラザホテル宇部 万葉の間において一般社団法人 宇部青年会議所 10月度例会を開催致しました。
例会では、吉村理事長より先月からの事業について、どの事業も学びの多い事業となったことを言及され、特に9月30日に台風の中開催されましたLD道場について、指導力開発委員会のメンバーが凄く頑張っておられ、参加した会員も楽しそうにしていたのを見るとこの事業を行なって心から良かったとおっしゃられておりました。
また、9月23日に岩国の地で開催された山口パラスポーツ大会の事業の中でリオデジャネイロ・パラリンピックの競技ボッチャで銀メダルを獲得された木谷選手の講演についても言及されました。講演の中で「諦めない心」というフレーズがあり、木谷選手は何度も挫折しボッチャを辞めようと思ったそうです。しかし、コーチや周りの人から諦めたらダメだと言われ、ボッチャを続けたそうです。そうすることで、リオデジャネイロ・パラリンピックで銀メダルを獲得することができ、初めて諦めない心の大切さに気付いたそうです。
日本青年会議所の池田会頭の言葉にも「1番の失敗は挑戦しないこと」とあります。また、吉村理事長のスローガンも「ALL GRIT」〜失敗を恐れず挑み続けろ!〜を掲げております。まずは、失敗を恐れず挑戦すること、そして諦めないことが大事であるとおっしゃられました。
そして、10月度担当例会では会員拡大交流委員会より「ブランド力〜今、求められている大切な価値〜」のテーマのもと行われました。
ここ最近よく耳にする「ブランド力」、よく混同するマーケティングとブランディングの差についても分かりやすく説明があり、具体例を出しながらブランド力について勉強することができました。また、第2部では、ブランドは誰が作る?というテーマのもと、会社の経営理念や社員の在り方そして、ブランドを意識した採用についても触れ、非常に勉強となる時間となりました。そして、第3部では、青年会議所のブランディングというテーマで、青年会議所のブランディングを分析した後、更に宇部青年会議所のブランディングについて一緒に考える時間が設けられました。普段からブランディングについて考えることは少ないので大変良い機会となりました。これと言って正解は無いのですが、ブランディングについて考え共有することの大切さを身を持って感じることができました。会員拡大交流委員会の皆様、お疲れ様でした。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8

トップへ戻る